個としてでなく、集団としての良さを出したい!

一緒にやると、いいことが沢山ある。 自分一人だと気が付かないことも、見えてきたりする。 僕はの講義スタイルは、現役時代のままで、まるで、会社の会議みたいになる。 だから、お客様と言うより社員への指示みたいになる。 まだまだ、プロには程遠い。 そ…

IoTと生産性を考える

いま、ものづくりは転換期にきている!・・・・と思う。どこに行っても相談事は「販路拡大」ばかり。生産は海外に移転しまったし、国内市場は人口減少でどんどん縮小してきてしまった。では、なにもすることはできないか?・・・そんなテーマにとりかかった。…

ワンステップコンサルティングが貴方の会社を救う(2)

前回からのつづき ところが、ところが~、ですよ。 このクライアントさんの持っている強みを守るためには、契約書だけでは足らないのです。 「特許」や、「実用新案権」「商標登録」「ライセンス契約」などと、合わせて考えないと実現できなと思ったのです。…

ワンステップコンサルティングが貴方の会社を救う(1)

ベストブレーン浜松では、基本姿勢の一つに「ワンストップコンサルティング」を掲げる。なぜこれが必要かと言うと、企業の抱える課題はいくつもの問題が重なって、大きな課題になっている。 これらを解決しようとすると、一つの課題を解決しただけでは、真の…

遠州地区NO1のコンサル集団を目指して

今、私達「ベストブレーン浜松」では、日本のものづくり技術を、海外に広めることができないかと考えている。 同じ考えを持つ某商工会議所から声をかけて頂いた。 時おなじころに、私は素晴らしいパッケージベンダーと知り合うことができた。「えっ、そんな…

より質の高いコンサルとは何処から生まれるのか?

私が所属しているコンサル集団「ベストブレーン浜松」 この会の代表を務める時に、私は、方向性について3つのことを掲げた。 1.英知結集型コンサル 2.実務・実践型コンサル 3.ワンステップコンサルティング それが、今、動き出した。 個ではなく、チーム結…

貴方の会社の強みは何んですか?

これは、私達、経営コンサルが、クライアントさんに最初に語りかける言葉である。 なぜ、こんな語りかけをするかと言うと経営者の考えが良くわかるからである。 経済動向、業界特性、成功するためのキーポイント、自社能力の見極め、その中で身の丈にあった…

無借金経営の道のり(その2)

目次 13.親子間取引にもビジネスライク感覚を持つ・・・4/17投稿 14.財務改善は全社で取り組む仕掛けつくりが必要・・・4/17投稿 15.人を動かすKPI指標・・・・・・・・4/19投稿 13.親子間取引にもビジネスライク感覚を持つ 調査に行っていた部下が戻ってき…

無借金経営への道のり。(その1)

目次 はじめに・・・・・・・・・・・・4/16投稿 10.借りた金を返す。・・・・・・・4/10投稿 11.財務部長が下した苦肉の策・・・4/15投稿 12.運転資金は、こう見る・・・・・・4/15投稿 はじめに この物語は、ある会社が無借金経営を実現するにあたって、臨…

これぞ財務部のキャシュフロー計画(その3)

目次 7.いきなり「会社全体のキャシュフロー」は算出できない。・・・4/5投稿 8.使える資金量を読む・・・・・・・・・・・・・4/7投稿 9.私だったら、きっと、こう答えるだろう・・・・4/7投稿 7.いきなり「会社全体のキャシュフロー」は算出できない。 大…

これぞ財務部のキャシュフロー計画(その2)

目次 5.会社にもライフサイクルがある。・・・・3/25投稿 6.ライフサイクルの特性を生かして資金重要を読む・・・4/3投稿 7.いきなり「会社全体のキャシュフロー」は算出できない・・・ 5.会社にもライフサイクルがある。 前章で、先行投資の「効果がいつ出…

これぞ財務部のキャシュフロー計画(その1)

1.はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・3/17投稿 2.なぜ財務部員はキャシュフロー計画書がつくれないのか?・・・3/21投稿 3.さすが財務部と言われるために・・・・・・・3/21投稿 4. 過去分析でキャシュフローのクセを掴む・・・3/25投稿 5. 1.はじめ…

ぜったい成功する事業計画の立て方(その3)

目次 12.競争力を考える・・・・・3/1投稿 13.ロードマップを描く・・・3/2投稿 14.まとめ・・・・・・・・・3/2投稿 12.競争力を考える 事業計画作成も、いよいよ最終工程に入ってきました。 ここまでは、外部環境に合わせて、自分の力をどう高めていくかを…

ぜったい成功する事業計画のたて方(その2)

目次 9.営業力強化を考える・・・2/26投稿 10.販売促進策を考える・・・2/26投稿 11.事業領域と顧客ニーズのギャップを埋める。・・・2/26投稿 9.営業力強化を考える。 何から何まで、自分一人でやることは、本当に大変なことです。あれもこれも、ぜ~んぶ自…

ぜったい成功する事業計画のたて方(その1)

目次 1.はじめに・・・・・・・・・・・・ ・1/29投稿 2.新米コンサルタントの嘆き・・・・・1/29投稿 3.コンサルタント創業戦略・・・・・・216投稿 4.基本戦略の決め方・・・・・・・・・2/16投稿 5.自分力を棚卸してみる・・・・・・・2/16投稿 6.自分の…

超過激なリハビリ道場

別荘歳時記(11/25)今思えばよくやったよなー。あの時、僕は病み上がりだったんだ。毎日、毎日、ツルハシをかざしていたから、アッと言う間に、僕の体はプロレスラーみたいになった。ウソみたいだった。ちょっと前までは、体から何本も管がでており、いつも…

本当にあった長靴を履いて行くカフェ

別荘歳時記(11/25)さー、舞台はでき上がった。そのまま、プライベートカフェにまっしぐらに進めば良いのだが・・・。そう思わないのが、僕の性格。この舞台から見える自然の景色は素晴らしい。町の、団地では決して見られない緑の世界。「てもなー、自然す…

パクられてしまったプライベートカフェ

別荘歳時記(11/11)別荘地にカフェが登場した。「大石さん、来て、きて、今日からオープンしたよ!」別荘に着くなり、まるで、僕を待ちかまえていたように、嬉しい呼び声が聞こえてきた。「なに、どうしたの・・・?」と聞くと、「まー、とにかく、私の山荘…

自分の力で、何とかするのがたまらん!

別荘歳時記(11/17)我が家の秋素晴らしい季節になった。周りは、秋、一色に染まった。 秋が、まだ、始まりかけたころ、「紅葉しない木なんて、切ってしまえ!」と、バサバサやったしまった。 お陰で、今は、秋一色になった。 ところで、僕は、チェンソーを…

目指すは「中東遠ナンバーワンのコンサルファーム」

諸事日記(10/27)今日は、コンサル仲間の定例月会である。皆なすごく活躍されている。感心するばかりである。 一人ではできないことも、皆で力を合わせて大きな仕事をしたい。みんなの持っている見識の深さと、豊富な経験、それに人脈は宝物。これに若者と…

狂い咲きした桜に隠された驚きの心情とは・・・

桜が満開を迎えた。まさに、秋爛漫のごときである。コスモス(秋桜)の季節に、本桜が満開になったのである。時は10月25日。 朝晩はちょっと寒さを感じるようになったこの季節にである。何か天変地異が起こる兆しかと思い、空を見上げる。そこは、ぬける…

コンサルの仕事とは・・・

諸事日記(10/24)今日も事務所(図書館)に詰めている。依頼されたテーマのレポートを作成している。お金を頂くことは、本当に大変だなーと、つくづく思う。自分の意志ではどうしようもないことが起こる。会社勤めの時は、相手が納得していない時でも、正し…

中小企業政策に勝機を見た。

■経営コンサル便り(その11)今日は、国の経済産業省の主催する中小企業政策を聞きにきている。縁にあって、私は、「中小企業向けの支援事業」の提案依頼を受けた。それをきっかけに、中小企業白書を紐解いたり、国の政策を調べたりした。驚いたことに、我…

諸事日記(10/14)今日はお仕事。受託した案件のプレゼン日である。30時間を超える調査・まとめに・・・満足感を覚える。ちっとも、お金にはならないけど、とっても勉強になる。中小企業のことが、少しずつ身近になってきた。 あれや、これやとお話を頂く…

諸事日記(10/8)僕の突撃訪問も大分うまくなったものだ。ちっとも、お金にならないけど、とっても、忙しくなってきた。自分パンフを作って、いろいろ話に行っているが、これが、結構うけている。 評価だけだけどね。それにお世辞もはいっているしね。その証拠…

諸事日記(8/3)今、私は、近くの図書館に通い詰めている。どうも、自分の信念が弱く、家にいると、妥協が多くなる。そこで、昔のように、職場で仕事をする形にしようと思った。でも、自分で事務所を開設できるほどの力もないので、結局、近くの図書館となった…

これが、ほんとうの身を切る改革

経理の知られざる戦い私は現役時代の「経営改善の数々の経験」を物語風に書き続けている。これは、ハウツー版の書籍はたくさん出回っているが、その時その時の想いとか考え方に触れていないので、多くの若者が「分かっているが、あと一歩の踏み出し」につな…

熱き想いが資金を動かす。

諸事日記(6/18)私は、今、ある市民活動のお手伝いをしている。環境問題の一貫で、ある事業化を計画している。最初、話を聞いた時「あー、無理だねー、こんなこと事業化できるはずがない」と思った。でも、熱心に夢を追い続ける姿を見て・・・「ひょっとした…

本物の支援活動に出合えた。

■経営コンサル便り(その9) 私は、今、掛川の「中東遠タスクフォースセンター」に来ている。このセンターは、「地域の希望や課題を ”つぐみ” 人材と”つなぎ” 地域創生に寄与する」を目的に、今年の2月に設立されました。 私は、立上げと同時に、ここを訪れ「…

心に訴えるビジネスで活路を開く

■経営コンサル便り(その8) 私は、今、ある団体の起業について、お手伝いをさせて頂いている。この中で、感じたことがあるので、皆さんの参考になればと思い、紹介させて頂きます。 このビジネスは、「生活インフラ事業」である。ご存知のように「インフラ事…