読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の庭にバラが咲いた。

f:id:o-katsumi:20150119193905j:plainf:id:o-katsumi:20150119194108j:plain

f:id:o-katsumi:20150119194029j:plainf:id:o-katsumi:20150119193947j:plain

 

僕は、バラに囲まれたプライベートカフェを作りたいと思っている。

一昨年前に植えたバラが見事に咲いた。▲それは、昨年の6月14日であった。▲春野山の楽校の専務理事をやられている酒井さんの山荘を訪れた日であった。▲まだ、2度しかお会いしないのに、親切に山荘まで連れて行って下さり、「杉・川上夢プロジェクトの思い出」や、「山の楽校の生い立ち」についてお話をお聞きした。▲とても、話が弾み、時間が経つのをすっかり忘れてしまった。気が付けば、あたりは、もう薄暗くなっていた。▲袋井まで帰るのに険しい山道を走らなければならない。少し焦った。▲でも、ここまで来たのだから、自分の山小屋に寄って行こう。そう思い、山道を不安な気持ちで走った。▲山小屋についたころは、一段と暗闇が増していた。▲そんな状況下で見た僕の庭にバラが咲いていた。▲「お・お・・すごい。咲いてる。こんな色だったんだ~」▲僕の心は、暗闇の中で、ものすごく明るくなった。