読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業の教育担当者よ、企業戦士を育てていますか。

諸事日記

先週、僕は突撃訪問を敢行した。

某職業訓練学校にである。

結果は、またしても撃沈である。

これで、前回の某大学に続いての撃沈であった。

ちょっぴり息消沈である。

経営コンサルは、実践可能で、短期間で成果を出さなければならない。

しかも、百戦錬磨の経営者相手にである。

それに比べ、学生は、やり易い。

授業では学ばない、分からない、そんなところを、実経験で紹介すれば、

驚きと、新たな気付きを与えることができる。

「実社会から見た会計学を教えたい!」

そんな、コンセプトで、突撃訪問をしたのである。

結果は「そんなカリキュラムはない」と、言うことで、撃沈された。

僕は、現役時代、沢山の新入社員を育ててきた。

教え方がまずかったのだろうが、多くの若者が、道半ばで、会社をリタイアしていった。

でも、残った者は、立派に組織の長になっていった。

そう言えば、こんなこともあった。

旧雇用促進事業団で主催する「離職者支援講演」を受け持ったことがある。

場所は、東京の錦糸町。沢山の受講者がいた。

それも、3日間朝から晩までの、超ハードな講義であった。

開講一番にいった。「経理なんて、実に、つまらん。そんな覚悟をして聞いて下さい」

そしたら、次の日は出席者は半減した。

で、与えられた教材を使うのを止めて、

「貴方が経営者だったら、この時、どうする」と問いかけた。

この問いに関する自作の資料を、いっぱい提供して、問い続けた。

これ、実は最初から考えていたこと。

僕は、実務をこなす中で「経理では会社は良くならない」との思いで、自分の立ち位置を、勝手に経営企画に振った人間である。それを、ここでも、実践したのである。

そうしたら、最終日の3日目には、実家の経営を引き継がなければならないと言う「経営者の卵」たちが、入れ替わり、立ち替わり、いろんな質問をしてきた。どれも真剣で切実な質問であった。

お陰で、昨日と、うって変って、活気溢れた場になり、僕の講座も終了した。

 

教育とは、そんなもんだろうと思う。

興味を持っている人でないと、真剣に学ぼうとしない。

特に、実社会では、万人に興味を持たせるような教育なんてない。

「極める教育」でないといけない。