読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「えっ、そんなことあるの ! 」と言う税金の話

今日は税金のお話です。
「知っていないと損する」それが税金なのです。
嘘みたいな本当の話を紹介します。

「いゃ~、消費税が上がって、お客さんがバッタリ減っちゃって、お店、大変だよー」・・・これ一般的なお話。 でも、「消費税が上がってよかったよー。お客さんの数は減ったけど、売上は増えた。 ラッキーだね! 」・・・こんな話もあるのです。

それでは、この喜んじゃう話を紹介します。
どんなお店に行っても、私たちは物を買う時、消費税を払いますよね。
「うちは消費税をとりませんよ」なんて聞いたことがない。
国の政策で「消費税転嫁対策特別措置法」なんてものがあって、消費税の転嫁を阻害するものが無いように規定をしている。ので、消費税を払うのは当たり前のことです。
 でも、その貰った消費税を納めるべき業者の中に、「免税業者」がいるのです。 それは、売上高が1000万円以下の業者です。 その方達は、いただいた消費税は自分の懐に入るのです。 そう、国の政策で、売上単価を上げて貰ったと同じことになるのです。 

「そんなの、ずるいー」と思わないでください。 その業者も支払いに係る消費税は支払っているので、全額 「ごっそり懐に入る」わけではありません。 それなりの負担もあるのです。 ここまでが一般通念上の話。 この懐に入る差額 (売上消費税―仕入れ消費税)が業種によって異なるのです。 「原価率がとても低い事業」や、「労務費を中心に回している事業」は効果が出ます。 このチャンスを見逃してはいけません。 この原資を使って攻めにでるべきです。 

また、会社設立時だけに使える消費税軽減のウルトラC「はなれ技」があります。 免税業者→課税業者→免税業者を繰り返す方法です。  売上高が1000万円以下で、事業内容が「インフラビジネス」だったり、「装置産業」の場合は、この技が大きく貢献します。  ただし、この技には使えるタイミングがあります。 この時期を逃してしまうと取り返すことはできません。 まさに「知っていないと損をしてしまう」知識なのです。

 私は、起業相談に受けている中で、このことを知りました。 そのために、いろいろ勉強をしました。 税務署にも足を運びました。 そんな経験知を、貴方に提供したいと思います。 消費税UPをチャンスとしたい方や、起業をお考えの方は、ぜひ、声をかけて下さい。誠心誠意をもって、支援にあたらせて頂きます。

f:id:o-katsumi:20160524091725j:plain