ベトナムに「日本式カイゼンノウハウ」を伝える。

\ 袋井商工会議所とベトナ政府外部団体との間で「IoTフォーラム」が開催されることになった。 私達ベストブレーン浜松は、このフォーラムのプレゼンターとして機会を与えられた。 今回はその内容を紹介させて頂きます。 同時に、その裏側のドタバタ劇も紹介してしまおうと考えています。 表と裏、まさしく3次元で立体的な投稿をお楽しみください。

 

■はじまり

 これは「ベストブレーンさん、ベトナムが来日するので時間を空けといてください」・・・との言葉で始まった。 聞けば、「地元の先進企業を5社ほど選抜する」と言う。ならば、「我々がそのトップになろうじゃないか」と意気込んでしまった。 これが、私の悪い癖(どうせやるなら一番)。今思えばもっと自然体でやればよかったと反省している。・・・てな具合で、我々の熱い日が始まった。

 

■テーマ

大きくは「IoT」で決まっている。 もともとこの話はもっと前から始まっていた。 我々は製造業の現場改善を得意としていた。それにIoTとコラボしたら素晴らしい結果を出すことができるはずだとベトナムに提案していたのである。 その提案が実現してしまったのだ。 さーどうする!。 考えた。 実は私は前の会社で、ベトナムとの合弁会社を閉鎖しベトナムから撤退を促した人間である。 その人間が今度は「ベトナム発展のために!」と考えるのだからちょっと戸惑った。

 まずは事業環境を考えた。成長率は毎年7%を超える高い成長をしている。だけど、GDPは大阪と同じくらいとまだまだ低い。 それに技術蓄積度も低い。 自動車業界は技術集積度が高いインドネシア、タイで製造し、アジア、オーストラリアに輸出する形を取っている。 いわばベトナムは蚊帳の外にいると言った具合だ。 だったら、一気に技術集積を成し遂げればいい。 その為に、日本式「カイゼンノウハウ」をお伝えできる仕組みを考えよう・・・・・。 かくして、テーマは下記のごとく決まった。

f:id:o-katsumi:20180930104532p:plain

 テーマは決まった。さー、次はストリーだ!。 ビシッとしたメッセージを考えようじゃあ~ないか。(つづく)